写真復元の秘訣は?iPhoneカメラロールから消えた写真を復元する10個の秘訣

Gina Barrow著 最終更新日:2020年9月14日

「今日の午後に家に着いたときにiPhone 7を開いたと、カメラロールの写真はすべて消えてしまいました。 私のストレージには、iPhoneに何千もの画像があると表示されますが、カメラロールは空です。 何かの故障が起こりますか? どうやって カメラのロールから消えたiPhoneの写真を復元するですか? "

パート1. iPhoneの写真が消えたのはなぜですか?パート2. 7つのトリック:iPhoneカメラのロールから写真紛失現象を修正するパート3. iPhoneからカメラロールで消えた写真を直接復元するパート4. iTunesからカメラロールに消えた写真を復元するパート5. iCloudからカメラロールで消えた写真を復元するビデオガイド:iPhoneカメラロールから消えた写真を回復する方法パート6. 結論

パート1. iPhoneの写真が消えたのはなぜですか?

今は、iPhoneの写真がカメラロールから消えたはだんだん一般になりました。この問題が起こっている理由は数多くあり、以下のいずれかになる可能性があります。

  1. あなた以外の誰かが意図的に削除した
  2. 誤って削除された
  3. 写真は隠されています
  4. 別のiCloudアカウントがログインに使用されました
  5. ソフトウェアの更新に失敗しました
  6. 不適切なApple ID
  7. 不明なバックアップから復元する

写真が消えるのはカメラロールだけではなく、他のiPhoneアルバムもあります。 iPhoneやiPadなどのほとんどのiOSデバイスでこのようなの問題が発生する可能性があります。

iPhoneで写真が消えた理由

パート2.  7つのトリック:iPhoneカメラのロールから写真紛失現象を修正する

写真が本当になくなったことを確認する必要があります。次の方法で、写真が本当に消えたかどうかを確認できます。

1.最近削除した項目を確認する

カメラロール内の写真を誤って削除したと思われる場合は、最初に「最近削除した項目」フォルダーを確認してください。 このフォルダー実際には、ユーザーが特定の時間に写真を簡単に復元できる優れたiOS機能です。30日間の猶予期間を過ぎていないことを確認するだけで、他のプログラムを使用する必要がありません、削除された写真を復元できる。 ここで、 削除されたすべての写真を見つける 30日後に完全に削除されるのを待っています。 それらを復元する方法は次のとおりです。

  1. iPhoneで「写真」を開く
  2. アルバムに移動し、「最近削除した項目」をタップします
  3. 「選択」をタップして、目的の写真を選択します
  4. 「復元」をタップして写真を復元します

最近削除したフォルダを確認する

2 iCloudフォトライブラリを有効にする

iCloud フォトライブラリは、すべての写真とメディアコンテンツをiOSデバイス間で自動的に同期します。 これは、同じiCloudアカウントを使用している限り、いつでもどこでもメディアコンテンツにアクセスできるAppleの優れた機能です。 iCloudフォトライブラリに写真がない場合は、iCloudフォトライブラリをオフにしている可能性があります。 次の設定を行うことでオンにできます。

  1. iPhoneで「設定」を開く
  2. 「Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp Store」をタップし、「iCloud」をタップします
  3. 「写真」に移動し、iCloudフォトバーを切り替えます

iCloudフォトライブラリが有効になったら、Wi-Fiを繋がって、すべての写真が表示されるまで数秒待ちます。 すべてのメディアファイルが表示されるまでには通常2〜3分かかります。
iCloudフォトライブラリを有効にする

3. 非表示の写真を再表示にする

iPhoneからライブ写真が消えた? iPhoneの写真が消えるもう1つの理由は、写真を非表示にした可能性があります。 お気に入りなどの写真を非表示にしてから、非表示のアルバムでのみ表示されています。 これらの手順を実行するだけで、それらを再表示にする

  1. 「写真」を開く
  2. 「アルバム」をタップする
  3. 「非表示」アルバムをタップする
  4. 写真やビデオにマークを付ける
  5. 「再表示」をタップします

iCloudフォトライブラリをオンにして、でもアルバムには写真を隠した、他のiOSデバイスには表示されません。
iPhoneの写真を解く

4.正確のApple IDでサインインする

すべてのiOSデバイスが同期されていることを確認するには、さらに混乱を避けるために必ず同じiCloudアカウントまたはApple IDを使用してください。 Apple IDを共有している場合は、共有アカウントを使用してアクセスする必要があります。

5.日付と時刻の設定

Appleサーバーとの通信エラーも写真の紛失を引き起こす可能性がありますが、でも非常にランダムです。 iPhoneの日付と時刻の設定を「自動的に設定する」から「タイムゾーン」に設定または変更し、正しい場所を設定します。

6 iPhoneを再起動

カメラロール内のすべての写真が消えた場合は、デバイスの電源を入れ直し、再起動してください。 電話機が再起動したら、写真が戻ってきているかどうかを確認します。

iPhoneを再起動する

7。 iTunesから復元する

上記の修正が失敗した場合は、バックアップからの復元を検討する必要があります。 iTunes を主バックアップソースとして選択した場合、 iPhoneカメラロールから消えた写真は簡単に戻ることができます。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. iPhoneをコンピューターに接続してiTunesを起動する
  2. 「概要」タブから「バックアップの復元」をクリックします。
  3. リストの中から最新のバックアップを選択する
  4. 「復元」をクリックします。

ここで、一つの不便は選択的な回復をできません。全部のデータを復元するために、既存のiPhoneデータを全部削除しなければならない。さらにデータ損失が発生しないように、サードパーティ製の復元法をお勧めします。

iPhoneカメラロールの写真が表示されなくなった理由がわからなくて、さらに上記の7つのトリックで解決できない場合は、以下の3つの方法を試してみてください。 それらはすべての原因に当てはまります。

iPhoneFoneDogツールキット - iOSデータ復元を使用することです。 この復元プログラムは、写真、連絡先、カレンダー、通話履歴、テキストメッセージ、ビデオなどのさまざまなスマホコンテンツを復元することができます。

「iPhoneから直接復元、iTunesから復元、iCloudから復元」の3種類の回復オプションがあります。 どんな状況ても、バックアップの有無にかかわらず、iPhoneデータを確実に回復できます。

FoneDogツールキット - iOSデータ復元が提供する3つの復元方法を一緒見てみましょう。

iOSのデータ復旧 写真、ビデオ、連絡先、メッセージ、通話履歴、WhatsAppデータなどを復元します。 iPhone、iTunes、iCloudからデータを復元します。 最新のiPhone 11、iPhone 11 pro、および最新のiOS 13と互換性があります。 無料ダウンロード 無料ダウンロード FoneDog iOSデータ復旧

パート3. iPhoneからカメラロールで消えた写真を直接復元する

iOSデバイスから直接に復元することは、プログラムがバックアップなしでiPhoneのすべての内容を簡単に復元できるということです。 調査によると、ファイルがiPhoneや他のiOSデバイスから削除されると、内部メモリから完全に消去されるのではなく、肉眼で見えないスペースに転送されるだけです。

しかし、これらのデータが新しいデータに上書きされた時に、永久に消去されました。 一旦iPhoneの中からいくつかのコンテンツを紛失または削除した場合は、できるだけiPhoneを使用しないでください。 すぐに FoneDogツールキット - iOSデータ復旧 をダウンロードて、復元し始めます。 このプログラムは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスとクリックだけで復元できる簡単な手順で誰でも操作できます。

FoneDogツールキット - iOSデータ復元 はDIY(Do It Yourself)ソフトウェアです、テクノロジーの専門知識不要です。 以下のガイドに従って、iPhone消えた写真の復旧元方法を一緒に見てみましょう。

ステップ1. FoneDogツールキット-iOSデータ復元を起動し、iPhoneをコンピューターに接続します

FoneDogツールキット - iOSデータ復元をダウンロードとインストールが完了したら、 起動します。USBケーブルを使ってiPhoneをコンピューターに接続します。

ホームページに「iOSデータ復元」を選すると、画面左側にある「iOSデバイスから復元」をクリックし、プログラムが自動的にiPhoneを接続を検出するまで待ちます。 iPhoneが検出されたら、「スキャン開始」をクリックしてスキャンを開始します。

FoneDogツールキットを起動-iOSデータ復旧とiPhoneのプラグイン

Note:コンピュータでiTunesの自動的に同期オプションを無効にする必要があります。 「iTunes」>「編集」>「環境設定」>「デバイス」>「iPod、iPhone、およびiPadsを自動的に同期しない」にチェックを入れて、「ok」にします。

ステップ2。 カメラロールから消えた写真をスキャン、プレビュー、および復旧

FoneDogツールキット - iOSデータ復元 これで、デバイス全体がスキャンされるため、プロセスが完了するまでに数分がかかります。 写真を回復できるようになるまで、そう長くはかかりません。

スキャンが完了したら、画面左側のiPhoneから回復した写真をすべて見ることができ、右側はそのアイテムをプレビューできます。

カメラロールから欠落しているすべての画像を確認し、それらがすべて見つかったら、ファイルにマークを付けて、画面の下部にある「復元」ボタンをクリックします。復元したファイルは新しい作成するフォルダーに保存されています。

消えたカメラロール写真をスキャン、プレビュー、回復

パート4. iTunesからカメラロールに消えた写真を復元する

FoneDogツールキット - iOSデータ復元が提供している第2の回復方法は iTunesのバックアップから回復します。バックアップコンテンツ全体を復元する必要はなく、カメラロールから失われた画像のみを選択的に復元することができます。

無料ダウンロード無料ダウンロード

1. FoneDog Toolkit-iOSデータ復元を起動し、iTunesからしたいファイルを選択します

最初のオプションのように、プログラムを適切にダウンロードしてインストールしてください FoneDogツールキット - iOSデータ復元 コンピューターで、2番目の回復方法「iTunesバックアップファイルから復元」を選択します。

iTunesのプログラムを起動する必要はありません FoneDogツールキット - iOSデータ復旧 iTunesのバックアップが自動的に検出され、すべてのファイルが表示されます。 目的のiTunesバックアップファイルを選択し、「スタート」をクリックしてスキャンを開始します。
FoneDog Toolkit-iOSデータ復旧を起動し、iTunesから復旧を選択します

2。 iPhoneのスキャン、プレビュー、および復元

目的のiTunesバックアップファイルを選択したら、 FoneDogツールキット - iOSデータ復元 スキャンプロセスが開始され、しばらくのうちに削除された内容が抽出されます。

ファイルが抽出されたら、画面の左側のカメラロールでiPhoneの写真を探し、右側の各写真をプレビューできます。

ここから、必要な写真にマークを付けて、画面下部の「復元」ボタンをクリックします。コンピューターに新しいフォルダーを作成して、復元したのファイルを保存できます。 

カメラロールからiPhoneの消えた写真をスキャン、プレビュー、回復する

関連する記事:
iTunesのバックアップコンテンツをiPhone 7に選択的に復元するには?

iOS 13のアップデート後に写真を紛失した場合、iTunesのバックアップファイルから復元する「大いに役立ちます。

パート5. iCloudからカメラロールで消えた写真を復元する

FoneDogツールキット - iOSデータ復元が最後に提供する回復方法はiCloudから回復することです。 iCloudを写真の主なバックアップソースとして使用するiOSユーザーの場合は、iPhoneのカメラロールから消えた写真を簡単に復元できます。

このプロセスでは、必要な写真をプレビューし、選択的に復元するだけです。バックアップコンテンツ全体を抽出して復元する必要はありません。 このオプションの使用方法については、以下のガイドをご参照ください。

無料ダウンロード無料ダウンロード

#1。 FoneDogツールキット- iOSのデータ復元を起動し、iCloudアカウントをサインインする

FoneDogツールキット - iOSデータ復元を起動する。回復プロセスを順調に進んでいるために、iCloudアカウントをログオンします。 適切なiCloud情報を使用していることをご確認ください。

プライバシー保護のため、プログラムにアカウントの情報は保存されません。 この時点で、iCloudバックアップにアクセスできるように2ステップ認証をOFFにする必要があります。
FoneDog Toolkitの起動-iOSデータ復旧とiCloudへのサインイン

#2。 iCloudバックアップを選択してダウンロード

ログインに成功したら、指定した日付とタイムスタンプに基づいて最新のバックアップファイルを選択します。 「ダウンロード」をクリックし、バックアップコンテンツのダウンロードと抽出を開始します。
iCloudバックアップを選択してダウンロード

#3。 ファイルタイプの選択

次の画面では、iCloudバックアップから復元できるすべてのファイルの種類が表示されます。 メディアとカメラロールのチェックボックスを選択して、「次へ」をクリックし続ける。

#4。 iCloudからカメラロールに消えた写真スキャン、抽出、プレビュー、および回復

FoneDogツールキット - iOSデータ復元 はiCloudのバックアップファイルをスキャンし、選択したファイルを抽出します。 このプロセスは、データの総負荷とネットワークの接続によっては少し時間がかかります。

スキャンと抽出が完了すると、左側のファイルの種類が表示され、右側の各アイテムをプレビューできます。 iPhoneカメラロールから消えた写真を見つけて、マークを付けます。「

関連する記事:
iPhone 7にiCloudバックアップコンテンツを選択的に取得する方法

FoneDog Toolkit - iOSデータ復元のおかけで、iPhoneカメラロールから消えた写真を回復しました。 写真がiCloudバックアップから欠落している場合は、iTunesバックアップから写真を取得するか、iOSデバイスから直接復元もできます。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

ビデオガイド:iPhoneカメラロールから消えた写真を回復する方法

パート6。 結論

iOSのデータ復旧 は簡単にその貴重な思い出を確実にかつ効果的に取り戻す3つの回復方法がご提供しています。

iPhone 6s / 7/8 / X / 11 / SEまたはその他のモデルから写真が消えた場合でも、上記で推奨されている方法を使用すると、デバイス上の写真をすばやく見つけることができます。

コメント

2 コメント

コメント(2)
レビューアの画像

クロウタドリ2019-08-01 01:53:30

消えてしまったiPhoneの写真を修正する方法を常に探していました。 最後に、FondDog iOS Data Recoveryを見つけました。 写真が今では回復する前に消えてしまったことをとてもうれしく思います。

レビューアの画像

パトリシア2019-08-01 01:45:05

とても素晴らしいソフトウェアです。 息子が仕事に関係する重要な写真を削除する前に。 削除した写真を復元する方法についてネットで検索したところ、FoneDog iOS Data Recoveryが見つかりました。 このソフトウェアをダウンロードした後、失った写真は復元されました。 ああ、助かった! 良いソフトウェアです。私の周りの人に勧めます。

著者画像

Gina Barrow

テクニカル/クリエイティブライター

キッチン、私の安全な空間。 黒、私の好きな色

しばらくテクニカルスペシャリストでした。執筆担当者が私の注意を引くまで、スマートフォンとソフトウェア関連の問題の解決を行いました。

iOSデータ復旧ロゴ

iOSのデータ復旧

3 iPhoneまたはiPadから削除したデータを回復する方法。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

この記事をどのように気に入っていますか?

チェックアイコン/チェックアイコン

面白いDULL

チェックアイコン/チェックアイコン

SIMPLE難しい

ありがとうございました! ここにあなたの選択があります:

この記事を評価する: 優れた

評価: 4.4 / 5(評価数: 116

iOSデータ復旧ロゴ

iOSのデータ復旧

3 iPhoneまたはiPadから削除したデータを回復する方法。

無料ダウンロード

FoneDogはクッキーを使用して、当社のウェブサイトで最高の体験を得ることを保証します。 クリック ここ をご覧ください。

AddThis Sharing Sidebar