[解決済み!] iPhoneからiCloudにアクセスするには?

By ネイサンE.マルパス, Last updated: October 18, 2021

この記事では、iPhoneからiCloudにアクセスする方法を紹介します。

iCloud機能は、2012年10月11日にリリースされた以来、多くのAppleのユーザーが愛用されました。iCloudを使用すると、ユーザーはアカウントに登録されたすべてのデバイス間でファイルを保存および共有できます。

また、長年にわたり、紛失した機器の位置を特定し、必要なときにアクセスできるようにすべての機器間で情報をリンクする機能を開発しました。ユーザーフレンドリーで、iPhoneからiCloudに直接アクセスして、自分のストレージの使用状況を確認することができます。

Part 1。iPhoneでiCloudのファイルにアクセスするPart 2。iPhoneでiCloud設定にアクセスするPart 3。iPhoneでiCloudドライブ上のファイルにアクセスするPart 4。iCloudに保存されているファイルをもっとアクセスするパート5:結論。

iCloudドライブのよく知られている機能

  • アップルのすべてのデバイスでファイルとフォルダの共有を更新
  • ファイルを共有
  • 複数のiCloud対応アプリで同じファイルにアクセスできる
  • 紛失した機器を特定

注意: iCloudドライブにファイルをアップロードしようとすると、安定したインターネット接続が必要になります。また、5GBを下回っている限り、どのタイプのファイルも保存することができます。なぜなら、これは最初の保存容量であるからです。さらに必要な場合は、$0.99で50GBの追加ストレージを購入することができます。

Part 1。iPhoneでiCloudのファイルにアクセスする

iOS 10がリリースされた後、 iCloudに対して新しい開発が行われていますので、これで、iPhoneからiCloudドライブに直接アクセスできます。しかしiPhone上では、アプリを有効にする必要があることに注意してください。 これを行うには、次の手順を実行します。

iCloudドライブにアクセスするには

  • デバイスの「設定」→「Apple ID」→「iCloud」を開きます。
  • 簡単にアクセスできるようにiPhoneのホーム画面に表示するには、「iCloudドライブ」をオンにする

iCloudドライブにアクセスする


iOS 11リリースでは、iCloud経由で保存したファイルを参照できるようになりました。次の手順を実行するのは簡単です。

iCloud経由で保存されたファイルを表示するには

  1. iPhoneで「ファイル」アプリ→「参照」
  2. 「場所」に表示されるはずの「iCloudドライブ」をクリックします。
  3. これで、ドライブに保存されているすべてのファイルが見つかるページが表示されます。

Part 2。iPhoneでiCloud設定にアクセスする

新しくリリースされたiOSバージョンでは、すべてのAppleデバイスのインターフェースも変更されています。これは古いフォーマットに慣れてきた一部のiDeviceユーザーにとって、困ったことになる可能性があります。

iPhoneでiCloudの設定にアクセスするには実際、簡単です。

  1. iPhoneの「設定」→「ユーザー名」をクリックします。
  2. 「ユーザー名」をクリックすると、Apple IDの設定ページに移動します。オプションの中で、iCloudをクリックしてその設定にアクセスできます。

アクセスicloud設定

Part 3。iPhoneでiCloudドライブ上のファイルにアクセスする

iPhoneのメモリが十分でないため、iCloud経由で他のファイルが保存されます。これはiCloudの優れた機能の一つです。しかし、5GBの容量が十分でない場合はどうなりますか? 以下は、追加のストレージにサブスクライブする手順です。 ただし、これは毎月の定期的な費用が必要で注意してください。

iCloudのさらに容量を購入したい方は以下の手順をご参照ください。

  • iPhoneの「設定」→「ユーザー名」→「iCloud」→「ストレージを管理」または「iCloud ストレージ」の順にタップします。
  • 「さらに容量を購入」または「ストレージプランを変更」をタップします。
  • プランを選択し、手順にそって手続きをします。

購入を完了するには、iCloudアカウントを使用してログオンするように求められます。 購入を確認したら、ストレージプランはすぐに変更されます。

Part 4。iCloudに保存されているファイルをもっとアクセスする

確かに、iCloudドライブは重要なファイルを保存したり、必要なときに簡単にアクセスしたりするのに非常に便利です。しかし、iPhoneでiCloudを使ってアクセスできない他のデータ(削除されたデータなど)があります。このプロセスを実現するため、FoneDog iOSデータ復元を例として、ソフトを利用してファイルにアクセスする方法を紹介します。

このソフトウェアを使用すると、iPhoneからすべてのiCloudドライブのコンテンツに簡単にアクセスできます。 これは、お使いのコンピュータとiDeviceの間の架け橋として機能します。100%安全で、iPhone 12 Pro Maxまでのモデルで動作します。

iCloudで使用できなかったファイルを取り戻すためには、3つの方法があります。いくつかの簡単な手順が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。

購入前にFoneDog iOSデータ復元の無料試用が提供されています。下のダウンロードボタンをクリックして試してみてください。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

iPhoneから直接にファイルを回復する

ステップ1。 FoneDogのダウンロードと起動

  • iPhone iOSデータ復元をダウンロードとインストールして、起動します。
  • そしてデバイスに付属のオリジナルのUSBケーブルを使用して、iPhoneをコンピュータに接続します。
  • iPhoneが検出されたら、「iOSデバイスから回復する」→「スキャンの開始」をクリックします。

注意: FoneDog を起動する前に、iTunesはすでに最新であることを確認してください。両方のプログラムを同時に実行することをしないでください。

iOSデバイスから回復する

ステップ2。 削除されたデータのプレビューとスキャン

・FoneDogはiPhoneをスキャンし始めます。iPhoneに保存されているファイルの数に応じて数分かかります。スキャンが完了すると、見つかったすべてのデータのリストが表示されます。

・FoneDogにはプログレスバーがあり、プロセスの進行中にどのファイルが回復されているかを確認できます。途中でも、探しているものが見つかった場合は「一時停止」をクリックできます。

ステップ3。 iDeviceからPCに必要なデータを復元する

・取得する必要があるファイルを確認して選択したら、「復元」ボタンをクリックすると、選択したファイルを保存するプロセスが開始されます。

iPhoneからデータを回復する

人々はまた読むガイド:iCloudから写真を効果的に復元する解決済み! iCloudまたはiTunesバックアップからiPhoneを復元する

iTunesバックアップからファイルを復元する

#1:iTunesバックアップを選択とスキャン開始

FoneDog iOSデータ復元のメイン画面で、「iTunesのバックアップファイルから復元する」をクリックして、「スキャンを開始」を押してください。

「iTunesのバックアップファイルから復元する」をクリック

#2:ファイルをプレビューおよび取得する

・スキャンが完了すると、iPhoneから削除されたがiTunesでバックアップされたファイルを表示できるようになります。

・すべてのファイルをプレビューして、必要なものを選択してから、「復元」ボタンをクリックすると、ファイルが選択した保存先に保存されます。

iTunesからデータを復元する

iCloud バックアップからファイルを取得する

# 1:iCloudにサインインします

FoneDog iOSデータ復元のメイン画面で、「iCloudバックアップファイルから復元する」をクリックして、iCloudの認証情報を使用してログインするように求められます。使用しているiCloudにサインインしてください。

iCloudにログインする

# 2:ファイルを選択とiCloudバックアップをダウンロード

・iCloudにログインすると、バックアップしたものすべてを見ることができます。 ここで、復元するバックアップファイルを選択してから、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

・そして、iCloudデータをスキャンするプロセスを開始します。ファイル数によって数分かかります。スキャン結果はリストで表示されます

ダウンロードするファイルタイプを選択する

# 3:ファイルをプレビューして復元する

表示されるすべてのファイルを1つずつプレビューして、取り戻す必要があるファイルを選択するファイルを選択してから、「回復」ボタンをクリックします。

iCloud バックアップからデータを抽出する

無料ダウンロード 無料ダウンロード

注意: iCloudはインターネット接続で動作するため、iPhoneをコンピュータに接続する必要はありません。安定した接続をしている限り、うまく実行できます。

パート5。まとめ

iCloudの機能をよく利用すると、iPhoneユーザーにとって得です。今すぐiPhoneからiCloudを直接にアクセスでき、複数のデバイスを使用している場合でもiCloudに保存されているファイルにアクセスと共有することができます。

紛失や削除されたファイルがある場合は、復元するにはFoneDog iOSデータ復元などのソフトを利用することができます。失われたものを取り戻すには三つの方法があります。自分の利用環境にあったものを選んでください。

コメント

コメント

コメント ()
author image

Nathan E. Malpass

アイフォン/Androidデバイスのメンテナンスエキスパート

家にいる、音楽を聴く、技術記事を書く

多くの人から携帯電話の修理を依頼されたので、携帯電話の修理経験が豊富で、AndroidやAppleの電話についてもよく知っています。

iOSデータ復元 logo

iOSデータ復元

3 iPhoneまたはiPadから削除したデータを回復する方法。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

この記事はどうですか?

Check icon/ Check icon

面白いDULL

Check icon/ Check icon

SIMPLE難しい

ありがとうございました! ここにあなたの選択があります:

この記事を評価する: Excellent

評価: 4.6 / 5 (に基づく 106 評価数)

iOSデータ復元 logo

iOSデータ復元

3 iPhoneまたはiPadから削除したデータを回復する方法。

無料ダウンロード

FoneDogはクッキーを使用して、当社のWebサイトで最高の体験を得ることを保証します。 クリック ぜひこちらから皆様もその幸せなお客様の輪に加わりましょう。 をご覧ください。