Macで未保存のPowerPointを復元する6つの方法

By バーノン・ロデリック, Last updated: September 15, 2021

パワーポイント(Microsoft PowerPoint)とは、Microsoftのプレゼンテーションソフトで、プレゼンテーションの準備から本番までをトータルにサポートします。PowerPointは、ビジネスや授業などの場合で、プレゼンテーションを作成および表示するための強力なツールです。しかし、プレゼンテーションの作成中に、アプリケーションが突然クラッシュして強制終了しまったら、それは大きな問題になります。

このチュートリアルは、未保存のPowerPointを復元するために生まれたガイドです。それでは、復元する方法を紹介します。

パート1:データリカバリ経由で未保存のPowerPointを復元する方法パート2:Macで未保存のPowerPointを復元する方法パート3:未保存のPowerPoint Macファイルをゴミ箱経由で復元する方法パート4:保存されていないPowerPoint Macファイルをターミナル経由で復元する方法パート5:保存されていないPowerPoint Macファイルを一時フォルダーから復元する方法パート6:Time Machine経由で保存されていないPowerPoint Macファイルを復元する方法パート7:まとめ

パート1:データリカバリ経由で未保存のPowerPointを復元する方法

専門なデータ復元ツールであるFoneDog データ復元を使用すると、PowerPointプレゼンテーションを含むあらゆる種類のファイルを迅速かつ安全に復元できます。 FoneDog データ復元は信頼性が高くて使いやすいツールキットであり、迅速かつ詳細なスキャンを実行して、データを100%保証できます。復元したファイルをプレビューし、フィルターを適用してスキャン結果を絞り込むことができます。

FoneDogデータ復元 はWindowsおよびMac OSで利用可能な無料試用版をダウンロードできます。 ツールを購入する場合は、30日間の返金保証が提供されます。 このツールは、WindowsおよびMacの両方で使用できます。 あらゆるデバイスから、あらゆる種類の状況であらゆるタイプのデータを復元できます。

FoneDog データ復元を使用してMacで未保存のPowerPointを復元するには、以下の手順に従ってください。

ステップ1. FoneDog データ復元を起動します

公式サイトからダウンロードしてから、FoneDog データ復元ツールを起動します。

データ復元 削除された画像、ドキュメント、音声などのファイルを回復します。 削除されたデータをコンピューター(ごみ箱を含む)およびハードドライブから取り戻します。 ディスクの事故、オペレーティングシステムのクラッシュ、その他の理由によって発生した損失データを回復します。 無料ダウンロード 無料ダウンロード FoneDogデータ復元

ステップ2.プレゼンテーションファイルとドライブを選択します

メイン画面で、復元するファイルの種類のドキュメントと、未保存のPowerPoint Macドキュメントを復元するディスクドライブ(ハードディスクドライブまたはリムーバブルドライブ)を選択してください。 FoneDog データ復元ツールにはさまざまなデータタイプがあり、任意のデバイスから復元することを選択できます。
プレゼンテーションファイルとドライブを選択する

ステップ3.結果をスキャンします

クイックスキャンまたはディープスキャンを選択してください。 最初のスキャンはより高速で動作し、後者はより多くの結果を表示しますが、スキャンは少し時間がかかります。 次に、[スキャン]ボタンをクリックして、データスキャンを開始します。
結果をスキャンして表示する

ステップ4.プレゼンテーションファイルのプレビューと復元

復元するファイルを選択します。 検索ボックスに名前またはパスの値を入力してフィルタをクリックすると、特定のデータファイルをすばやく見つけることができます 。 PowerPointプレゼンテーションファイルをプレビューして確認できます。 復元したい未保存のファイルを選択したら、 「復元する」をクリックしたら復元開始です。
プレゼンテーションファイルのプレビューと復元

パート2:Macで未保存のPowerPointを復元する方法

パート2では、Macコンピューターから未保存のPowerPointを復元する方法を説明する基本的なプロセスを提供します。未保存のPowerPointファイルは、PCに一時的に保存される復元されたドキュメントです。

Macで未保存のPowerPointドキュメントを開いて復元するには、次の手順を実行します。

  • ステップ01:MS PowerPointを開きます
  • ステップ02:ファイルを開きます
  • ステップ03:「開く」をクリックして、OKをクリックします
  • ステップ04:ウィンドウの下部にある「未保存のプレゼンテーションを復元する」をクリックします。 これは、未保存のPowerPointファイルの最近のコピーを参照するためです。
  • ステップ05: ダイアログウィンドウで、未保存PowerPointのファイルを選択して「開く」をクリックします
  • ステップ06:復元されたドキュメントが開きます。「別名保存」をクリックし、上部のバナーで、プレゼンテーションドキュメントを新しいファイルに保存します。

PowerPointファイルがまだ見つからない場合は、Macコンピューターで自動バックアップファイル(* .asd)を手動で検索することもできます。 Auto Recoveryは、PowerPointなどのMS Officeアプリケーションの機能であり、自動的に未保存のPowerPointを復元するアプリケーションの障害、予期しない停電、またはシステムクラッシュの場合のMacドキュメント。

ファイルを手動で保存すると、以前のバージョンのAuto Recoverファイルは削除されます。ファイルを保持する場合は、PowerPointファイルを閉じるか編集する前に、自動回復ファイルをすぐに保存する必要があります。

  • ステップ01:Macコンピューターで、Finderを開きます。
  • ステップ02:「移動」をクリックして、 フォルダに移動します。Shift+Command+Gでショートカットもできます。
  • ステップ03:自動復元されたPowerPointファイルを表示するには、フォルダーに以下のフルパスを入力してこのパスに移動します。
    /Users//Library/Containers/com.Microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

未保存のPowerPoint Macファイルを復元する方法

Finderでナビゲートするだけの場合、自動回復されたPowerPointファイルを表示できなくなります。これは自動復元フォルダーは非表示になっていますからです。 フォルダに移動したら自動復元されたPowerPointファイルが見えます。

  • ステップ01:Auto Recoveryフォルダー内の自動回復されたPowerPointファイルのリストから、ドキュメントが処理された日時を記録したファイルを検索します。
  • ステップ02:自動回復されたPowerPointファイルをデスクトップにコピーします。 次に、ファイルの名前を変更します。
  • ステップ03:自動回復されたPowerPointファイルをMS Office PowerPointアプリケーションで開き、保存します。

MS Office PowerPointアプリが自動バックアップファイルを頻繁に保存する方法を変更するには、以下の手順に従って設定を更新します。

  • ステップ01:MS パワーポイントを開きます。
  • ステップ02:環境設定をクリックします。
  • ステップ03:保存をクリックします。
  • ステップ04:自動バックアップ情報保存に移動します。
  • ステップ05:ファイルの自動バックアップ情報が保存される分数を設定します。保存せずに閉じた場合は、最後に自動保存されたバージョンを保持するのを是非確認してください。

通常のファイルの保存を自動バックアップで置き換えないでください。 ドキュメントの自動保存または手動保存(CTRL + S/保存をクリック)を利用して、PowerPointファイルを定期的に保存することをお勧めします。

自動保存は、作業を自動的に保存するMS Officeアプリの別の機能です。 PowerPointアプリで自動保存が有効になっている場合、アプリケーションまたはシステムがクラッシュした場合、ファイルを簡単に復元できます。 MS PowerPointを開くと、新しいファイルとして保存する保存済みバージョンを選択できます。

パート3:未保存のPowerPoint Macファイルをゴミ箱経由で復元する方法

PowerPointファイルを閉じて保存しなかった場合、自動回復機能が有効になっていると、自動回復されたPowerPointファイルは削除され、ゴミ箱に送られることに注意してください。 Macコンピューターでゴミ箱に移動すると、保存されていないPowerPoint Macファイルを復元できます。

  • ステップ01:Finderを開きます。
  • ステップ02:ゴミ箱を右クリックします。
  • ステップ03:最後に空にした時から削除されたファイルはゴミ箱にあります。最近削除された自動回復されたPowerPointファイルを検索します。 ファイルの元の場所をメモします。
  • ステップ04:削除されたPowerPointファイルをデスクトップにドラッグします。「戻す」を右クリックしてから選択することもできます。削除したPowerPointファイルをゴミ箱からAuto Recoveryフォルダーに復元します。
  • ステップ05: 自動復元には復元された自動回復PowerPointファイルが見つかります。

パート4:保存されていないPowerPoint Macファイルをターミナル経由で復元する方法

Macのターミナルコマンドアプリを使用して、Macで保存していないPowerPoint ドキュメントをゴミ箱から復元することもできます。

  • ステップ01:ターミナルを開き、ユーティリティを選択します。
  • ステップ02:UNIX コマンド「cd .Trash」を入力し、「リターン」キーを押します。
  • ステップ03:「mv name../」を入力し、自動復元されたPowerPointファイルのファイル名で「name」のところに置き換え、「リターン」キーを押します。
  • ステップ04:「Quit」を入力し、「リターン」キーを押します。

最近削除された自動復元されたPowerPointファイルがゴミ箱に見つからない場合、または誤ってファイルを永久に削除したゴミ箱を空にした場合、FoneDog データ復元ツールなどのプロのデータ復元プログラムを使用して、削除された自動復元されたPowerPointファイルを取得および復元してください。 パート1のデータリカバリ経由で未保存のPowerPointを復元する方法の説明を参照してください。

ターミナル経由で保存されていないPowerPoint Macファイルを復元する方法

パート5:保存されていないPowerPoint Macファイルを一時フォルダーから復元する方法

失われたWord文書を回復する別の方法は、一時ファイルを検索することです(ファイル名は .tmp 拡張子または ~ で始まるチルダ文字)。 PowerPointドキュメントで作業するたびに、一時ファイルが自動的に作成されます。 作業文書と同じデータが含まれています。

  • ステップ01: アプリケーションからターミナルを開きます。
  • ステップ02:ターミナルコマンドアプリで、「$TMPDIR」と入力して「リターン」キーを押します。
  • ステップ03:TMPフォルダーが開きます。TemporaryItemsを検索してフォルダをダブルクリックしてフォルダを開きます。
  • ステップ04:未保存のPowerPointファイルを見つけて、作業したドキュメントの日付と時刻を記録します。
  • ステップ05:PowerPointファイルを右クリックして、MS PowerPointで開きます。PowerPointファイルを.ppt拡張子のファイルとして別の場所に保存します。
  • PowerPointファイルをデスクトップにコピーすることもできます。 ファイルの名前を変更し、PowerPoint拡張子としてファイルを.tmpから.pptに変更します。

パート6:Time Machine経由で保存されていないPowerPointファイルを復元する方法

このセクションでは、MacのTime Machineバックアップを使用して、保存されていないPowerPoint Macファイルを回復する方法の詳細な手順を説明します。 Time Machineは、ファイルの定期的なバックアップを自動的に作成するMacのバックアップユーティリティです。

  • ステップ01:Finderを開きます。
  • ステップ02:アプリケーションからTime Machineを起動します。
  • ステップ03:Finderすべてのファイルを選択します。
  • ステップ04:Time MachineのバックアップリストでPowerPointファイルを検索します。
  • ステップ05:PowerPointファイルのバージョンを確認するには、画面にあるタイムラインを利用して、ファイルの作業日時を記録します。ファイルを選択し、スペースキーを押してファイルをプレビューします。
  • ステップ06:リストアをクリックリし、Macで未保存のPowerPointを復元します。

それでもファイルを見つけられず復元できない場合は、パート1のデータリカバリ経由で保存されていないPowerPoint Macファイルを回復する方法を参照してください。

データ復元 削除された画像、ドキュメント、音声などのファイルを回復します。 削除されたデータをコンピューター(ごみ箱を含む)およびハードドライブから取り戻します。 ディスクの事故、オペレーティングシステムのクラッシュ、その他の理由によって発生した損失データを回復します。 無料ダウンロード 無料ダウンロード FoneDogデータ復元

パート7:まとめ

以上はMacで未保存のPowerPointドキュメントを復元する方法でした。問題を解決する方法は多くありますが、より便利な方法では、 FoneDogデータ復元というツールを利用することです。Macだけでなく、あらゆるデバイスであらゆる状況でデータを復元できる使いやすいツールです。勿論、このようなことが起こらないように、ファイルのバックアップに注意してください。

コメント

コメント

コメント ()
author image

Vernon Roderick

PCの技術的専門知識/Webサイトの最適化

私の情熱の1つは、独自のソフトウェアを開発することです。

私はITテクノロジーに関する知識と、自分のソフトウェアを開発した経験を共有するために記事を書いています。自分のソフトウェアを開発することは、私の仕事への情熱の1つです。

データ復元 logo

データ復元

ハードドライブ、メモリカード、フラッシュドライブ、Windows 10 / 8 / 7 / XP、およびMac(ごみ箱を含む)から削除された画像、ビデオ、オーディオ、電子メール、ドキュメントなどをすばやく安全に回復します。

無料ダウンロード 無料ダウンロード

この記事はどうですか?

Check icon/ Check icon

面白いDULL

Check icon/ Check icon

SIMPLE難しい

ありがとうございました! ここにあなたの選択があります:

この記事を評価する: Excellent

評価: 4.6 / 5 (に基づく 84 評価数)

データ復元 logo

データ復元

ハードドライブ、メモリカード、フラッシュドライブ、Windows 10 / 8 / 7 / XP、およびMac(ごみ箱を含む)から削除された画像、ビデオ、オーディオ、電子メール、ドキュメントなどをすばやく安全に回復します。

無料ダウンロード

FoneDogはクッキーを使用して、当社のWebサイトで最高の体験を得ることを保証します。 クリック ぜひこちらから皆様もその幸せなお客様の輪に加わりましょう。 をご覧ください。